日本海洋整備-海洋保全のコーディネーターJOS
取扱商品 取扱商品一覧に戻る
シルトフェンス JOSシルトフェンス

埋立工事、浚渫工事、護岸工事、河川工事の際発生する 汚濁の拡散を防止し、付近の海洋資源を守ります。 構造物施工に比べ、敷設・撤去が容易であるという利点があります。 浮遊して流れてくるSS(シルト)を、カーテン内部に滞留させると 粒子の沈降時間が長くとれ、また凝集が期待できます。 シルトフェンスには 以下の5タイプがございます。 短期間のご使用にはレンタル品をお薦めします。
シルトフェンス-固定式垂下型
[垂下したフェンスのモデル]
固定式垂下型シルトフェンス

普及型で、水面からカーテンを垂下させるタイプです。
気象条件に合わせて30型、40型、60型から選んで下さい。

   JOS-30型 JOS‐40型 JOS‐60型
 フロート径  φ300mm   φ400mm  φ600mm
 フロート形式  単独 連続   連続  連続
カーテン
キャンバス 
 #300 #300
#500
#300
#500
#500
#800
ウェイトチェーン  3〜5s  5s以上 5〜10s 10〜20s
 シルトフェンス-固定式自立型 固定式自立型シルトフェンス

海底付近で汚濁が発生し、濁りが海底を這ってゆく時の拡散を防止し、貝や藻類、珊瑚等を守ります。  H鋼等のアンカーを用い水中でカーテンを直立させるタイプです。  水深が深くて、垂下式のカーテン長が長くなり、浮力の保守管理に問題がある場合、垂下式と併用して自立型をおすすめします。
 シルトフェンス-固定式中間フロート型 固定式中間フロート型シルトフェンス

満干の潮位差の大きい地域に用いられ、カーテンの中間にフロートを配置したタイプで、低水位の時でもカーテンを直立して効果を発揮します。
シルトフェンス-固定式枠型
[海上現場へ移動中のフェンス]
固定式枠型シルトフェンス

グラブ浚渫や捨石工事に使用します。浚渫区域が広い等移動の多い工事に最適で、排砂管等のフロートにカーテンを取り付け、ワイヤーで吊り下げて掘削した深さに合わせてカーテン長を調節します。  ダムの土砂浚渫等機械の運搬道路が狭いところや、作業ヤードの取れない場所では簡易式が便利です。
 シルトフェンス-浮沈式垂下型
[垂下したフェンスのモデル]
浮沈式垂下型シルトフェンス

陸地から遠く離れたところや、台風の多いところ、船の出入りの多いところに使用されます。海底に沈める事によりフェンスの損傷を防ぎ、また短時間に沈下、浮上できるので、船舶の出入りに便利です。   レンタル品もございます。
このページのトップへ